やりくり御膳

okangohan.exblog.jp
ブログトップ

フライパンで作るバナナケーキ

今日の大阪は、雨だす。
雨の日は、なんだかやる気が出ませんな。
やる気が出ないわりに、食欲は出るんだすな。
たいして動きもしてないのに、困ったおかんだす。
みなさん、こんにちわ♪

a0264589_1711953.jpg

<おかんの晩ごはん>
* しゃけの蒸し焼き
* ニンジンと粒コーンのグラタン
* 焼き明太子
* ツナとハクサイの蒸し煮
* カニカマとキュウリとワカメのマヨ和え
* さしみこんにゃく

~しゃけの蒸し焼き~
ホイル焼きの1コづつ包むのがじゃまくさくて、フライパンで蒸し焼きにしたものです。
サラダ油でサッと玉ねぎを炒めて、その上にしゃけ、えのきを置いてふたをして蒸し焼きにしました。
食べる前にポン酢をかけたら、出来上がり。
怪獣おねえが、これ野菜もおいしいねんなとナマイキな事を・・・(笑)
しゃけも、焼くよりふっくら出来上がります。

~ツナとハクサイの蒸し煮~
洗った白菜をお鍋に入れて、その上にツナを乗せて、蓋をして数分加熱。
お水は入れてないのに、お汁がいっぱいなのはハクサイの水分だす。
仕上げにお醤油をちょろっと入れて出来上がり。
簡単すぎて、お料理と呼んでいいのか???

~ニンジンと粒コーンのグラタン~
ニンジンが安いわ~と思って買って帰ったら、生協さんでまた届いてしまったという失敗の賜物だす。
なんとかしたい大量冷凍粒コーンと、ニンジン。
豚コマでグラタンにしたら、とってもおいしくなりました。

ホワイトソースは、どうしてますか?
グラタンは、炒める時に小麦粉を入れて一緒に炒めるが流行だとか?
ビンに小麦粉とお水を入れてシャカシャカも聞いた事あります。
おかんはレンジで作るやり方です。
小麦粉を油で火を通せる、大量に作れるという事で気に入ってます。

<おかんのホワイトソース>
どんぶり鉢にバターを入れて、レンジでチン。
溶けたバターに小麦粉を混ぜて、1分ほどレンジでチン。
出来上がったものを、シチューやグラタンのスープを少しづつ入れ、泡だて器を使って溶いていく。
ある程度ゆるくなったら、鍋に入れて他の具材と一緒に数分加熱する。

おかんは、シチューやグラタンの味付けにはハーブ塩の他に、お砂糖、お醤油を少しづつ使います。
自分で作ると、売ってるシチューMIXよりあっさり系になりませんか?
お砂糖とお醤油でコクが出ると思いまする。
気が向いたら、一度おためし下され。



a0264589_16331835.jpg

<フライパンで作るバナナケーキ>
バナナが1本、黒くなってしまいましたがな。
カウンターの上のバナナ吊りに吊っておくと、最後の1本になると何気にカウンターの上に置くものだから忘れちゃうんだすな。
発酵しかけ?バナナジュースでもあかんなぁとなったら、バナナケーキの登場だす。(笑)

おかんのケーキMIXの水分がなくて油を増やした版だすな。

*マーガリンorサラダ油 見た目で大匙山盛り3杯ぐらい
   マーガリンならボールに入れてコンロで2秒火にかけて、ちょっと溶かす
*お砂糖 大匙3杯(そのうち1杯を黒砂糖にすると、なおgood)
   ↑のボールにお砂糖を入れて、混ぜ混ぜ
*卵 大なら1個 小なら2個
   ↑のボールに卵を入れて、混ぜ混ぜ
*バナナ1本(かなり柔らかくなったの)
*ナツメグ&シナモン少々・酸味のあるジャム(おかんはマーマレード)大匙1杯ぐらい
*クルミ(刻んでおく)1カップ
   ↑のボールにどんどん入れて、混ぜ混ぜ
*小麦粉 1カップ
*ベーキングパウダー大匙1杯
   ↑のボールに両方入れて、混ぜ混ぜ
*熱したフライパンに油をひいて入れ、蓋をして弱火で表面が少し固まるぐらいまで・・・
*生地がたれないぐらい表面が固まってきたら裏返して、中まで火を通す。
*焼けたら、50cc位のお湯にお砂糖・ラムシロップを入れ(甘さはお好みで)、シロップを表面に塗って、出来上がり。
  生地の具合を見て、けっこうたっぷり塗って下さい。これで、しっとりさせます。
*粗熱が取れたらラップして乾燥しないようにして下さい。

すぐ食べるより、1~2日経った方が、ぜったいおいしいです。
でも、その日になくなるんだな・・・(笑)
おかんのは22cmのフライパンで作ったけど、26cmのフライパンなら倍量でして下され。
しかし、見た目はお好み焼きだすな・・・わはは


追記:ある日バナナケーキが食べたいと言われ、まだ黄色いバナナでしてみたら、かなりボソッと感がありましただす。
黒~くなったバナナでないなら、牛乳かヨーグルトを半量(50CC)入れて下さい。


にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ
↑↓ごはんのヒントになりましたら、ポチッとお願いします



[PR]
by ipaokan | 2012-05-25 16:57 | おかんの味 | Comments(0)