やりくり御膳

okangohan.exblog.jp
ブログトップ

褒めて育てる

今日は、保育所へ行くのに絵本かばんを忘れてしまいましたでな。
玄関に置いて、そのまま・・・
仕方ないので朝の読み聞かせは、保育所の絵本を何冊かみつくろって手遊びとで乗り切りました。ホッ

昨日は、里親会の研修だした。
全3回の3回目、やっと終わりましただす。
おかんらが行ってる間に、怪獣ちゃんはアルバイトの事前訓練だとかに行かはりました。
面接から事前訓練から、励まして見送ってあげる事もできませんでしたけど、よう頑張ってはりますわ。
怪獣ちゃんは、卒業して就職した後もウチの側に居たいんですわ。
そのためには、なんとしても就職して一人暮らしをせんならん。
うちの近所に、怪獣ちゃんが入れるグループホームはないですからね。
その思いだけで頑張ったはる、アルバイトに行ってもお小遣いが増えるわけではないんですな。
全部貯金して自立するための資金として、家を出るまでおかんが通帳は管理する約束ですから。
受験をする子、何かを目指して頑張ってる子、そういう年代だとは、思いつつ・・・
17やそこらの子に、それもピーターパンの怪獣ちゃんを、そこまで追いつめてエエんでっしゃろかいな?
自分が17歳の頃は、もっとホゲーと過ごしてたのになぁと思うおかんです。
みなさん、こんにちは♪


a0264589_14503428.jpg

<怪獣ちゃんのブランチ>㊏
* ナポリタン
* ポテトサラダ

怪獣ちゃんが、ナポリタンを作ってくれましたでな。
ポテトサラダは、晩ごはんにも使おうとおかんが作ったんですけどね。


a0264589_14521888.jpg

<おかんの晩ごはん>㊏
* 怪獣カレー
* ポテトサラダ
* 大根とレーズンのサラダ
* 手作りナン

カレーも怪獣ちゃんが作ってくれましたでな。
おいしいんでっせ。


a0264589_14545410.jpg

<研修の日のお外ごはん>㊐
~リンガーハット~
* 長崎ちゃんぽん
* チャーハン

チャーハンは、おとんと半分こして食べましたとさ。


a0264589_14561791.jpg

<おかんの晩ごはん>㊐
* 豚しゃぶうどん
* なすびの糠漬け


a0264589_1457427.jpg

<おかんのお弁当>㊊
* 刻みウナギ丼


a0264589_16465090.jpga0264589_1647040.jpg










楽天さんから、こんなん届いてますでな。
残念ながら、数の子はもう売り切れだそうです。
バーゲン本でお安く買った飛び出す絵本は、なかなか迫力がおますでな。
こんど、保育所に持って行って子供たちに見せてあげよう~
喜ぶかな~ワクワク


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↑↓ ポチッと応援していって~



    




~子供を褒めて育てる~


こども相談センター(児童相談所)であった里親会の研修は、ペアレントトレーニングというもので、コモンセンスペアレンディングを中心とした内容でした。
簡単に言うと、子供を褒めて育てるという内容から、良い親子関係を築いたり、子供の困った行動の対処の仕方なんかのお話しでした。
まぁ、我が家で心がけてる内容とほぼ同じでした。
内容が知りたい人はネットでも本でも、探してみてくださいな。

さて、その中でも、一般的によく聞く褒めて育てる子育ての事で、おかんの思うところをお話ししようかと思いまする。
褒めて育てるっちゅうのが大事な事はわかるけど、そんなに褒めるところのない子供はどないしましょっちゅう事になりますわな。
まぁ、次から次にいろんな事をやらかしてくれる子もいるわけで・・・(笑)
褒めるどころか、叱ってばかり注意してばかりしないといけない事態が続く事もあるわけで・・・
そうすると子供は、更に聞かないわけで・・・

でね、おかんが思うに、大人でも職場で重箱の隅をほじくるような注意ばっかりしてくる上司の言う事、素直に聞く気になれませんやろ?
子供だって、同じだと思うんですな。
褒めるというのは、その子を認めるという事と同じだと思うんですね。
仕事でも、小さな事でも認めてもらえると、もっと頑張ろうと思いますやろ?

それでも小さいうちは、けっこう褒めるところがあるんだす。
いいお返事できてえらいね~、一人でお着換えできてすごいね~。
でも、だんだん大きくなってくると、そういうわけにもいきませんでな。
場合によっては、こんな事ができたくらいで褒めるて馬鹿にしてんのかと思われん事もない、難しいですな。(苦笑)
褒めるところは少なくても、その子らしさを認めてあげる事はできますでな。
中高生になって、大きな声でただいまと帰ってきたら、大きな声でえらいな~なんて言ったら素直には受け取りませんけど元気そうやな~とかね。
その服かっこエエやん~とか、ちょっとした事をしてくれたら助かるわ~ありがとう~とか、ポジティブな声掛けはいくらでもできると思うんですな。
あ、ポジティブな声掛け言うても、頑張ろう~は違うと思いますで。
もっとやれ!ちゅうてるのとおんなじですからね。
おかん、これでずいぶん失敗してますわ。(苦笑)
頑張ったらできる!って、今は頑張ってないちゅう事ですやん。
言うなら、頑張ってるね~ですわ。
頑張ろう~は、自分で思わさないとね。

こうやって8回ほど褒めてあげて、注意してエエのはたった1回ですって!
おかん、小言の多いおとんに1回注意するために5回褒めたげて、それができひんのやったら命にかかわる事以外注意すな!!ちゅうた事がありますで。
5回やのうて、8回だったんですな。(笑)

子供だけやのうて、人はみんな誰かに認めてもらいたいんだす。
子供なら、なおさら・・・
ただ子供は、自分でも気づかないまま関心をひくために、悪い行動をしてしまう事が多いんですな。
不良の子がどんどん悪い方へ行ってしまうのは、仲間から凄いヤツだと認めてもらえて嬉しいっちゅうのもあるんでしょうなぁ・・・
良い行動をすれば誰かが認めてくれるという喜びを学べば、自分で考えて良い行動を選ぶようになりますでな・・・
そのためにも、親は子供を一番認めてあげる存在でいなければあかんと思うんですな。
頑張れ、自分・・・(笑)


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↑↓ ポチッと応援していって~



    
[PR]
by ipaokan | 2015-12-21 16:53 | 子育てのお話 | Comments(0)