人気ブログランキング |

やりくり御膳

okangohan.exblog.jp
ブログトップ

2012年 06月 10日 ( 1 )

<すじ肉野菜カレー><激うまホットサンド>

作って3日目のカレーを、昨日やっと食べました。
やっぱ、煮物は時間をおくとおいしくなるんだなと再確認したおかんだす。
みなさん、こんにちは♪

a0264589_12563967.jpg

<おかんの晩ごはん>
*すじ肉野菜カレー

すじ肉は、一昨日の1㎏の6割のやわらかいところ。
野菜は、玉ねぎ・にんじん・大根・ナスビ。
ジャガイモは組み合わせで入れる時と入れない時があります。今回はなし。
おかんはルーを使わないカレーも好きなんですが、家族は甘い目のルーを使ったカレーが好きです。
我が家は、バーモンドカレーを使ってますが、実はどこのカレールーを使っても似たような味にしちゃいます。
ちょこっと入れる隠し味は、カレーパウダー・ナツメグ・クローブ・ガーリックパウダー・黒こしょう・インスタントのコーヒーの粉・おろし生姜・仕上げにレモン汁。
甘さの中にも、スパイシーさがある味に仕上がります。
バーモンドカレーだというと、ビックリされた事がありますけどね。(笑)
幼児さんがいるので、辛いのがいい人は食べる時に一味唐辛子をふります。おかんだけですけど・・・わはは

玉ねぎを炒めたら甘みが出る、おいしくなって野菜が煮崩れないなど言いますが、おかんのカレーはあんまし関係ないみたいだす。
作ってから時間を置くという事は必ずしますからね。
炒めると言うのは、作ってすぐ食べる人には有効だと思います。
炒める事で、早く甘みが出て、味がなじみやすくなるのかな。
炒めず煮ても時間をおけば、玉ねぎは甘くなりますよね。

ずーっと昔、管理栄養士の友達におかんのカレーのナスビやジャガイモはどうして煮崩れてないの?と聞かれた事がありまする。
ん~、正しい作り方(?)にこだわって、火の通る時間っちゅう基本的な事を忘れちゃったみたいですね。
火の通りにくい硬いものから煮はじめて、お湯が煮だったらお肉を入れて、ナスビや玉ねぎは火を止めてルーを入れる直前に入れまする。
ルーを入れて少し煮たら、後は火を止めて置いとく置いとく置いとく・・・
シチューでもおでんでもカレーでも、煮込み料理は、煮込み続けるんじゃなく置いとくだけでおいしくなるんだす。
晩ごはんに食べるなら朝に、なんなら前の日に作っておくだけです。
気を付けるのは、時間が経ったら痛まないように火を通す事だけ。
冷める時に味がしみ込みますからね。
おいしくならないわけがないなんて思いますけどね。


a0264589_12565421.jpg

<休日のブランチ>
* 卵とハムとチーズのホットサンド

具を見て気づかれちゃったかな?
はい、M社のエッグマックマフィンを参考にしました。(笑)

1.トースターで2枚重ねて食パンを焼く。内側フワッと外側カリッと・・・
2.卵焼き器に油をひいて卵を落とす。フライパンでもいいですよ~
3.黄身をおはしでつついてつぶしたら、食パン片側の柔らかい方を卵の上に・・・
  上から押されてはみ出る黄身は、パンの端にはりつけるようにおさえると流れ出なくなりまする。
  好みの焼き加減でお皿にパカッと・・・
4.ハムとチーズとパンを乗せたら出来上がり。

おかんとニボは、6枚切りの食パンを半分にスライスして使うので味付けはしません。
ハムとチーズの塩分で十分。
おとんと怪獣おねえは、6枚切りを2枚使って作るので、卵を焼く時に軽く塩コショウします。
もうね、これが気に入って他のはあんまりしなくなっちゃいました。(笑)


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
↑↓ごはんのヒントになりましたら、ポチッとお願いします。



by ipaokan | 2012-06-10 13:12 | Comments(0)